子どもから高齢者まで、利用者の自己実現に向けた支援を行います

例えば「障がいがあり将来の生活が不安」「福祉サービスの使い方が分からない」等、障がい者(児)が、適切に福祉サービスを利用できるように相談支援専門員が心身の状況や生活環境、本人及び家族の要望等に沿って、サービス計画を作成し、計画に位置づけた福祉サービスを提供する事業所等との連絡、調整を行います。

対象者

障がい者(児)及び家族

サービス内容

福祉サービスの利用相談、サービス等利用計画の作成及び支給決定後のサービス等利用計画の見直し

特色

  1. お困りごとをしっかり傾聴し、一緒に考えていきます。
  2. 相談支援の充実を図る連絡会へ定期的に参加し、他事業所間との連携にも努めています。
  3. 日々、社会資源の情報を集め各種研修に参加し、相談支援専門員としてのスキルアップに努めています。

資格

  • 強度行動障がい支援者養成研修(実践研修)を修了した職員を配置しています。
  • 精神障がい者支援体制加算に係る研修を修了した職員を配置しています。
  • 医療的ケア児等コーディネーター養成研修を修了した職員を配置しています。